“FP”という言葉をよく耳にします。
これは、「ファイナンシャルプランナー」の略で、人気の高い資格のひとつ。
保険業界(生命保険・損害保険)では必須の資格で、
金融機関に勤めている人にとっても必要かつ有利な資格です。

ファイナンシャルプランナーとは、お客様のライフプラン(人生設計)を提案する仕事。
主に経済的なデータを収集・分析することから始まりますから、何よりも信頼関係が欠かせません。お客様のご要望だけを受け入れ、そのまま資産設計をするのではなく、
一人ひとりの経済状況や社会の動きを考慮しつつ、無理のない、
無駄のない設計を提案していく責任を担っているのです。
このサイトでは、ファイナンシャルプランナーに合格した私の経験を踏まえ、
さまざま情報提供を行いたいと思っています。

“いずれ取りたい資格”ならば、できるだけ早く取る準備を。

「ファイナンシャルプランナー(FP)」の資格を目指したのは、お金に興味があったから……
と、言っても仕事柄ですが(笑)。
大学卒業後、信用金庫に就職し、社会人生活をスタートしました。
金融業界は第一志望ではありませんでしたが、人と話すことが好きで営業も苦にならなかったこと。地元の発展に微力ながら貢献できればという思いがあって、
地元企業のオーナー様や商店主様が顧客である信用金庫を選んだのです。
研修期間中は先輩に同行しての顧客回り。
独り立ちしてからは、飛び込みも含めた挨拶回りや営業を積極的に行いました。

毎日のように、新しい人脈が増えるようで仕事の面白味を実感。
ただ、営業成績は? というと決して優秀なほうではなかったと思います。
まだまだ若造で、当然といえば当然ですが、
お客様のご要望を十分にくみ取れていなかったのです。
シビアな経営のことだけではなく、お客様や家族の資産についてもアドバイスできれば
信用を高められるのに、と痛感したものです。

そこで思い付いたのがファイナンシャルプランナーの資格。
いずれは取得することになっていましたが、自分なりに計画を立て、
できるだけ早い時期に受検しようと考えたのです。
そこで、インターネットや資料に当たり、
また、先輩にもアドバイスをもらいながら準備を進めることにしました。

何はともあれ、ファイナンシャルプランナーの試験のことを知らなければなりません。
調べてみると、いろいろなことがわかってきました。
「ファイナンシャル・プランニング技能士資格」、これが目指す資格の名称です。
「3級」「2級」「1級」とあり、他にも「AFP」「CFP」※1という資格があります。
認定団体が2つ「特定非営利活動法人 日本FP協会(日本FP協会)」
「社団法人 金融財政事情研究会(きんざい)」
あり、名称が違いますが、
認定試験については「きんざい」が行っています。

※1:アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナーの略。
日本FP協会の登録商標で、普通FP資格のこと。
「CFP」はサーティファイド ファイナンシャル プランナーの略。
米国CFP BOARDの登録商標で、FP資格としては最上位であり国際資格として位置づけられる。